旧高田小で公園計画がスタートするまで

雑司が谷地区には、3つの小学校(高田小、雑司谷小、日出小)と雑司谷中がありました。それらはいずれも地域のコミュニティの中心であり、また救援センターに指定されていて防災の拠点でもありました。

豊島区では児童生徒の減少を受けて、区内の小中学校の統廃合計画を立案しました。その計画で、地区内の3つの小学校は統合されて南池袋小学校となり、雑司谷中跡地に新校舎が建設されました。また、雑司谷中は高田中と統合されて千登世橋中となりました。

広い道路に接して立地がよいため、雑司谷小跡地は高齢者施設等に、日出小跡地は区役所新庁舎とマンションに利用されています。一方、高田小は周辺の道路が未整備のため活用方法が見つからず、区では公園にすることは決定していましたが、具体的な方策ができないままとなっていました。空き施設は集会やスポーツなどに利用していました。しかし、耐震診断の結果、体育館については危険度が高いので使用を中止し、校舎についても暫定的に利用を認めるという状況となっています。

 

まちづくりの会からの要望を受けて

まちづくりの会では雑司が谷二丁目のまちづくりの検討を行いました。高田小は雑司が谷二丁目の中心にあり、もともとは救援センターとしても利用されていました。新たな防災まちづくり計画においても地区の中心となる施設であり、その防災公園化は重要な課題としてあげられました。

まちづくりの会では雑司が谷二丁目のまちづくりのあり方を豊島区長に提言しましたが、その大きな柱の一つが旧高田小の公園整備でした。

豊島区では、区長提言を受けて本格的に検討を行い、住民参加で検討するための会を作ることを決定しました。

ワークショップと検討会

検討の手始めに、2013年2~3月に検討ワークショップが3回にわたって行われました。ワークショップでは公園づくりの基本的な方針が話し合われました。

引き続き、2013年4月からワークショップ参加者を中心に検討会がつくられ、月1回のペースで、事例見学を行ったり、ワークショップの成果を受けた検討を行いました。検討会では、周辺住民の皆さんへのアンケート調査を行うと共に、検討会主催の説明会を開催しました。

アンケート調査と説明会における意見を反映させて計画案を見直し、検討会からの提案を取りまとめました。その検討結果は提言書にとりまとめ、豊島区長に提出しました。


提言書はこちらで見ることができます。


豊島区では検討会の提案を最大限に尊重し、平成24年度に公園の基本設計を行いました。

検討会の提案

検討会がとりまとめた計画案は右図のようになっています。拡大図はこちら。主な内容は次のとおりです。

◆3つの目標

 ・災害時に役立つ公園

 ・地域のコミュニティの拠点となる公園

 ・雑司が谷らしさのある公園

◆4つの基本方針

 ・親しまれる公園をつくろう

 ・コミュニティを生み出す公園をつくろう

 ・雑司が谷らしさを代表する風景をつくろう

 ・住民の思いがこもった公園にしよう

以上の主旨から敷地の中央は災害時にも使いやすいはらっぱとし、ボール遊びができるフェンスで囲われた広場もつくります。既存の樹木は極力残し、さらに緑を増やして雑司が谷らしい景観をつくります。

コミュニティを育む施設の計画

公園の管理と学習のための拠点施設を整備します。この施設は敷地の段差を利用した2層建てとなり、道路に面した地下1階は防災倉庫、公園側の1階は拠点施設となります。

検討会では、この施設などの運営や維持管理を住民が主体的に行うことができないかを検討しています。

校舎のリノベーション

高田小学校跡地の公園づくりは平成27年度後半、大きく揺れていました。9月、豊島区から、「区が進めるリノベーションまちづくりの一環として、校舎を耐震補強した上で活用し、地域の活性化を図るため検討させてほしい」と提案されたのです。

この提案に対して検討会では、さまざまな異論があったものの区に検討してもらおうということになりました。校舎が残れば地域になくなった救援センターを復活させることができ、また地域にとって役立つ施設になるという期待もあったからです。その後、区によって建物の調査が行われました。その結果、現在の校舎の耐震性が思った以上に悪く、補強しても十分な耐力を確保できないことがわかりました。そのため校舎を残す案はなくなりました。

しかし、検討会では、区からの提案にあった「民間活力を入れて施設の維持管理を行う」という提案について、引き続き検討しています。公園整備事業は、平成28年度から設計作業に入っています。平成29年度には校舎を解体し、平成32年春の開園を目指して工事が進められます。検討会でも設計や工事に合わせて検討を進めていきます。

今後の予定

公園づくりは、今のところ次の予定で進めることになっています。平成32年3月の開園を目標にしています。


平成28年度 工事の準備・実施設計など

平成29年度 仮設道路の設置・解体工事

平成30年度 公園工事

平成31年度 公園工事・年度末開園予定

一緒に公園づくりを考えませんか

公園の計画づくりはまだ終わっていません。この公園でこんなことをやってみたい、こんなことはできないか、など希望がありましたら、一緒に考えてみませんか。

検討会にはどなたでも参加できます。いろいろな人のアイデアと希望がつまった公園にしていきたいと思います。参加をご希望の方は、まちづくりの会か公園づくり事務局にご連絡いただくか、検討会の日に直接会場においでください。検討会の日程は、トップページの新着情報にあります。


公園づくり事務局:豊島区都市整備部公園緑地課

電話 03-3981-4940  

Copyright © 雑司が谷・南池袋まちづくりの会. All Rights Reserved.